予約電話診療時間
京都四条河原町から徒歩1分の心療内科・精神科クリニック

うつ病

fotolia_164260650

うつ病は、憂うつな気分とともに、意欲が出ない、考えがまとまらないといった精神的な症状と、眠れない、疲れやすいなどの身体に現れる症状が長く続き、日常生活に支障が出てしまう病気です。

うつ病は脳内にあるセロトニンという心のバランスを保つ作用のある物質が減ってしまうことが原因だといわれています。

年々患者数が増加している病気で、日本人の15人に1人が一生のうちで一度はかかるという調査結果も報告されています。

うつ病は心の弱さが原因で起こるものではありません。しっかりと医師の診察と適切な治療を受ければ治すことができる病気です。

 

主な症状

 

  • 抑うつ気分(憂うつ、気分が重い)
  • 何をしても楽しくない、何にも興味がわかない
  • 疲れているのに眠れない、かなり早く目覚めてしまう
  • イライラして落ち着かない
  • 周りに迷惑を掛けてしまっていると自分を責める、自分には価値が無いと感じる
  • 思考力や集中力が落ちる
  • 死にたくなる など

当院での治療方法

 

うつ病の治療で一番大切なのは心と身体の休息です。

うつ病の方は休むことに罪悪感を感じてしまい、休息をとらない方が多いのですが、まずはしっかりと心と身体を休めることが治療においても重要です。

当院の治療としては、主に抗うつ薬の処方と、悩みや不安を聞く精神療法を行います。抗うつ薬は一昔前までは副作用の強いものが多かったのですが、最近の薬は副作用が少なくなっています。

 

治療中の注意点

 

  • 症状が良くなったと思い、自分の判断で薬を止めてしまったために、再び症状が重くなってしまうことがあります。飲んでいただく薬の量は患者様の状態を見極めた上で調整していますので、用法・用量はお守り下さい。

 

  • しっかりと心と身体を休めてください。無理に気分転換をしようと外出などをする方も多いのですが、かえって逆効果になることも多いので、医師に相談しながらおこなって下さい。